昨年から今年の頭にかけてのおよそ3ヶ月ほど転職活動を行っていました。
前職は不動産の営業を行っていました。
転職をしようと思ったのは、営業職ではなく事務職に就きたいと思ったからです。
次の就業先が決まる前に退職しましたので3ヶ月ほど定職がない、空白の期間ができてしまいました。
各企業の面接で必ずここを「どうして期間があいたのか」「仕事がないのは不安じゃないのか」などと聞かれ、正直回答に困ってしまいました。
この期間は転職活動だけをしていたわけではなく、派遣で短期の仕事を行っていました。
その仕事は学生の頃のアルバイトや社会人になってからも全く経験したことのなかった仕事で、
面接の際には「いままでやったことのなかったような仕事を体験することができ、最初は不安でしたが自分の視野を広げるいい機会になりました」
といったような回答をしていけるようになりました。
実は現在就業している仕事は、この派遣で行っていた仕事に関係のある仕事です。
実際にこの空白の期間に経験できたことが、今の仕事に繋がっています。
空白期間での就業体験がなければ今の仕事には出会っていなかったかもしれませんし、
出会っていたとしても内定をいただくことができなかったかもしれません。

 

転職活動中の、定職のない空白期間をネガティブに思う方もいるかもしれませんが、私のようにプラスに働くことも大いにありえます。
空白期間が長くなってしまっても、それは自分に合う会社を見つけるためには大切な期間だと私は思います。